歯を白くする治療

歯のことで悩んでいたら

人間の歯は、本来象牙色で、多少黄色くなっているのが当たり前という概念もあり、あきらめている人も多いかもしれません。しかし、「何となく歯が黄ばんでいるような気がする。」とか「芸能人のように歯をもっと白くしたい。」と悩んでいる人もいることでしょう。そういった悩みがあれば、審美歯科をおすすめします。審美歯科は、ホワイトニングを行うことで歯を白くすることができるのです。例えば、むし歯で神経を抜いてしまった歯は、ほかの歯に比べると変色して黄ばみがちになります。1本だけ目立ってしまうので、こういった場合は、セラミック治療がおすすめです。金属を使わないので変色しにくく、ほかの歯と比べてもわからないほど完璧な治療法です。

矯正治療か審美治療か

審美歯科は歯を白くするためのホワイトニングだけではなく、歯の形や大きさ、歯並びなどの調整もできます。矯正歯科と大きく違うのは、矯正治療が金属などの矯正器具を使って、少しずつ歯を動かしていく治療であることに対して、審美治療は、自分の歯を削り、セラミック冠をかぶせることで歯の大きさや形、歯並びなどの調整を行う治療法です。矯正治療が数年かけて治療を行うので、治療にあまり時間をかけたくない人が審美歯科で治療を行う人が多いようです。また、症状がひどい場合は、矯正歯科でないと治療できない場合があるので、治療を始めるときに相談するのがよいでしょう。また、人工の歯が嫌だという人には審美治療より、矯正治療の方がいいのかもしれません。